読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポテトサラダ研究所

明日世界が終わるとも、私はポテサラを作り続ける

余ったイモ料理:シャドークイーンのトスカーナ・フライドポテト

銀座におわすフレンチの名店「マルディグラ」の人気裏メニュー、トスカーナ・フライドポテト。美味しいですよねぇ。たっぷりのハーブとともにカリっと揚げられたフライドポテトは、マルディグラオーナーシェフ、和知料理長が作る骨太な肉料理のサイドディッシュとして最適、いいや、これはメインを張れる美味しさだ!

って、まぁ。

ここまでアツく語ってきましたが、僕も雑誌やウェブで見ただけで、実物を食べたこと無いんですけどね。よるべないフリーターフリーランスの身なので、銀座でフレンチなんか食べるような贅沢なんか中々できませんしねぇ。はぁ。じつと手を見る。

「金が無くて美味い飯が食えないなら、ちょっとでもそれらしい雰囲気ののものを自分の手で作っちゃえ」って出来るのが自炊のいいところでして、ちょうどこの記事で使ったシャドークイーンも少し余ってるし、我が家のベランダ菜園も夏を前に本気を出してきたので、手持ちのハーブ類を使ってなんちゃってトスカーナ・フライドポテトでも作ってみようかな、と(ポテトサラダブログのハズなのに、さいきん他のイモ料理ばっかり作ってるな)

まぁ、和知料理長も確か雑誌のインタビューで「トスカーナ地方の料理なの?えっ。そんなことないよ。なんとなくトスカーナっぽいかなって思って付けただけ」って料理名の由来を語ってた気がなんとなくするので、なんとなく見た目で「こんな感じじゃね?」って推測のもとに作ってみようと思います。

ちなみに和知料理長が作ったトスカーナ・フライドポテトの画像はこちら。

f:id:koutanakagawa:20160519234635j:plain

う、うまそう……。

 

さて、それでは真似してみたいと思います。

f:id:koutanakagawa:20160519235316j:plain

材料【(2人分)】

シャドークイーン 中2個     200円
ローズマリー   2枝      120円
オレガノ     4枝         250円
ニンニク       2片              30円
小麦粉        大さじ4杯      10円
塩・胡椒 少々(クレイジーソルト

                     計  610円 

 

 

【手順1】イモを洗ってカットする

f:id:koutanakagawa:20160519235735j:plain

はい。こちら余ったシャドークイーンさん。新芽も良い感じに紫色でエイリアンの触手みたい、ブレない芯の強さを感じますね。芽を取って1cm程度の拍子木状にカットします。

f:id:koutanakagawa:20160519235932j:plain

こんな感じ。今回はハーブの香りに負けないようにイモの皮は剥かずに、そのままカットしました。あと、普通はフライドポテト作る時ってホクホク感とカリカリ感が出やすいようにカットした後で少し乾かして水分を飛ばすんですけど、コレお芋さんが少し古くなって水分が抜けてるっぽかったので、乾かさずにそのまま調理することにしました。

 

【手順2】イモに小麦粉をまぶす

f:id:koutanakagawa:20160520000417j:plain

本来ならたぶんデュラム・セモリナ粉とか、強力粉の類いを使ったほうがカリっとなって美味しいような気がしますが、当然ながらウチにはそんなハイカラな小麦粉はないので、到って普通の薄力粉を使用しています。

f:id:koutanakagawa:20160520000419j:plain

ボウルを振って、こんな感じに。あんまり均等に小麦粉が行き渡らず、ダマや偏りがあるほうが美味しいように思います。また、試食して気づいたんですが、もっと小麦粉が多い方が良いカモです。その辺、適当に何度か作って塩梅を見つけて下さいませ。

 

【手順3】ハーブの用意をする

f:id:koutanakagawa:20160520000905j:plain

ニンニクはこんな感じで皮付きのまま包丁の腹で潰す。オレガノローズマリーはそのまま。あと、これも試食してから気づいたんですが、レシピに書いてるハーブ以外にも、セージとかタイムとかまぁとにかくなるべく沢山のハーブ類を入れたほうが美味しいと思います。僕、実はローズマリーの樟脳クサさが苦手でヒヨって少なめに入れたんですけど、油で揚げるとハーブの香りは穏やかになるみたいです。ビビらずにドンドン入れるのが美味しく作るコツっぽいです。

 

【手順4】ハーブと一緒にオイルで揚げる。f:id:koutanakagawa:20160520001253j:plain

中温のサラダオイルで、ハーブ類とともにポテトがカリッとなるまで揚げる。ひょっとしたら「トスカーナ」って名前がついてるぐらいだからオリーブオイルで揚げたほうがそれっぽかったのかしら?

 

 

【手順5】塩・胡椒を振って盛りつけるf:id:koutanakagawa:20160520002826j:plain

油を良く切って塩こしょうを振り、お皿に持って完成。ちょっと切り方が太すぎた気もしなくもないですけど、森ガールが好きそうな見た目ですねぇ。シャドークイーンはパンチのある色合いなので、なかなか食欲が沸きにくいですけど、フライドポテトにすると見た目的にも良さそうですね

さて、実食してみましょう。ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

……シャドークイーンは油で揚げるためのイモ、と思ったほうが良さそうなぐらいポテトにピッタリじゃないか!!ポテサラのときはどちらかと言えばあっさり系の味だったのに、油で揚げると甘みがグッと増して香ばしいし、ホクホクとねっとりの中間といった食感も良いですねぇ〜。惜しむらくは小麦粉の量が少なかったことと、ハーブの量が少なかったこと。まだもう1回分ぐらいシャドークイーンが余ってるから、まだまだレシピ改良の余地がありそう。塩を控えめにしてスイートチリソースで食べても美味しいかもなぁ。

とまぁ、ここんところポテサラ以外の料理ばっかり作ってたので、そろそろ本分に立ち返ってポテトサラダを作ろうと思います。ポテサラにマッチしたキュウリの切り方とか、薫製風味のポテサラとか、少しずつネタを色々と考えてるのです。