読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポテトサラダ研究所

明日世界が終わるとも、私はポテサラを作り続ける

お店のポテトサラダ vol.1:やきとり倶楽部(永福町)

今日はちょいと良いことがあったので、永福町駅前の「やきとり倶楽部」で祝杯。

永福町界隈って実はあまり飲み屋がないんですけど、ココは遅くまでやってるしカウンターもあるので、仕事帰りにおひとり様で飲むのにピッタリ。「学生の時はよくこんなとこで飲んでたなー」って感じの、極めて庶民派なお店です。

 

で、ココは「砂ズリのエンガワ」だとか「スジ」だとか珍しい焼き鳥もあるんですけど、拙ブログはポテトサラダに特化しているため、やっぱりコレ↓を。

f:id:koutanakagawa:20160225190319j:plain

自家製ポテトサラダ(値段忘れた。400円しないぐらい?)。

さて、実食してみましょう。ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

うん、美味しい。コーンが入ってるせいか、もともとの味付けのせいなのか、ちょっと甘みがあってねっとりした感じですねぇ。鶏皮せんべい(200円。こっちは値段憶えてた)に載っけて食べると、ポテトサラダのねっとりした甘さと鶏皮せんべいのしょっぱさ&クリスピーさがマッチしてジャンクで良い感じ。ビールが進みますね。

そもそも「後悔しない居酒屋」を選ぶためには「ポテトサラダが自家製かどうか」ってのはけっこう大事な基準だと思うんです。ポテトサラダってお通しに使われるぐらい万人受けしつつも、ある意味でぞんざいに扱われてる食べ物なので、業務用のレディメイドポテトサラダ(kg単位で生クリームに絞り出すやつ。コレ使ってる店って意外と多いんですよ)じゃなくて、ちゃんと自家製のポテトサラダを提供している店はハズレじゃない可能性が高いように思います。

今日はビール2杯飲んで串2本頼んで手羽先餃子とポテトサラダと鶏皮せんべいとお通しがついて2500円ぐらいだったかな。2000円そこらでパッと入ってチャッと飲める居酒屋で当たり外れを論じるのはナンセンスなのかもしんないですけど、そういう「気張らずに、でも悲しい思いはしたくないとき」のお店選びの際は、メニューに自家製ポテトサラダがあるかどうかを目安にしてみたらいかがでしょう??